写真ギャラリー(今は昔 思い出のスキー写真)

とてもお世話になった方  
木健治先生・・・今私がスキーに取り組むことができているのは多くの方のおかげですが、一人だけあげるとすれば木先生のおかげです。木先生に指導してもらったので今の私があるということは間違いない。感謝しています。この頃はまだ、アナログ写真時代。オートフォーカスレンズもなく、置きピンという技法で写していました。36枚のフイルム中ピントが合っている写真はほんの数枚。奇跡の1枚です。当時のスキー学校のパンフレットにも使われました。私の家にもこの写真が飾られています。(2018/04/7アップ)
 若武者
清野済さん(Watti)・・・今からおよそ30年前、昭和天皇の大喪の礼が行われた日。BGMのないスキー場で、スキー学校スタッフのジャンプの写真を撮らせていただいた。滑りの名手が苦戦する中、Wattiは誰よりも高く、遠くへ飛んで皆を驚かせた。その瞬間「若武者」という言葉が浮かんだ。仕上がった写真を見て、感じるものがあり、毎日新聞社の写真コンクールに応募したところ入賞することができた。私にとっても思い出深い1枚。(2018/04/21アップ)

 
 若武者2
清野済さん(Watti)・・・レッスン終了後の誰もいない第二を吹っ飛ばしていくWattiを写させてもらった。西日の中で帽子もかぶらず、サングラスが似合うWattiがひときわ輝いて見えた。1993年3月撮影
(2018/06/09アップ)

 デモンストレーター
奈良尚聡さん・・・複数のスキーヤーを効率よく撮影するために、ターンの種類だけを指定して同じ斜面を滑ってもらうことがある。こうするとスキーヤーの技能が写真にはっきりと現れる。この状況でのここまで膝を使ったスキー操作は他のスキーヤーには見られなかった。その頃、多くの指導者が雪に近いところから関節を動かすように指導していたが、尚聡さん(当時30代前半)のスキーは当時のデモンストレーターに求められたスキー教程のまさに具現だと私は感じた。1993年3月撮影
(2018/06/09アップ)


トップページへ


ご意見/ご感想はこちらまで